人間に感じられない感覚はない

面白い夢を見たので忘れないうちに記録したいと思います。昼寝での夢です。

夢の内容の前に、どう本日の昼寝に至ったかを簡単に説明します。今日は朝から撮影案件が柏であったので、前日(昨日)は近辺にある友人というか分身の家に泊まり、そこから現場に行くというプランを実行しました。

前日は午後に友人宅入りで、そこから夜まで仕事をこなし、夜は相変わらずのハングアウト。スマブラDXからのITZY鑑賞会からのブレワイナイトで、就寝時刻は気づけは午前2時過ぎ。2時を過ぎると、体は疲れていても頭が覚醒してしまい、寝付きはあまり良くありません。ベッドインしてから就寝まで30分以上かかったかもしれません。そして翌朝は8時起床ですから、6時間弱の睡眠時間ということになります。

この6時間弱の睡眠に関しても面白い考察がありました。普段は8時間プラスの睡眠時間を確保している自分ですが、今日の6時間弱の睡眠が、ながーく感じたのです。これは、翌日予定がある場合あるあるなのかもしれませんが、緊張して眠りが浅くなるということは簡単に想像がつくものの、今朝は「うわっ!寝すぎた!なんでアラーム鳴らないの!?」と思って携帯を覗くと、5時。まだ大丈夫かと思いまた寝て、「いや!今度こそやばい!」と思って携帯を覗くと6時半。2時半に就寝したとして、6時半に目覚めれば4時間の睡眠です。ですが自分の感覚的には、寝すぎた!という感覚だったので、改めてというか、睡眠は多く取ればいいものではないと思いました。食事と同じなのですね。最近は一日2回の軽めの食事+間食フルーツでかなりパフォーマンスが上がっていて、通じるものがあると感じました。

食事と睡眠は人間の三大欲求の2つです。摂りすぎ、取りすぎが良くないというか、パフォーマンス向上には過剰摂取は逆効果というか、量は関係ないということが分かりました。では、残された人間の三大欲求は性欲です。食欲と競り合えるほどの引力を持つ性欲ですが、性欲を先程の「量は関係ない」という方程式においてはどのように扱われるのでしょうか。こちらの件は完全なる立証はしていないのですが、やりすぎ、出し過ぎに越したことはないでしょう。あと、ここでのキーワードは「欲」という言葉です。食べたいから食べる。寝たいから寝る。つまり食欲と睡眠欲は日々感じる欲なわけですが、性欲に関しては、やりたいからやるという欲にトリガーされて実行されれば良いのですが、食欲と睡眠欲とは異なり、快楽が生じるため、欲にトリガーされなくても実行してしまいがちという特性があります。これが落とし穴で、このような性欲乱用はパフォーマンスを著しく低下させることでしょう。

さて話がそれましたが、短い睡眠ながらも気持ちいい朝を迎え、カメラマンを柏駅にピックアップして、撮影の現場に向かいます。某保育園の撮影で、小さな子どもたちを午前中からお昼まで撮影するというお仕事でした。9時半入りで11時前まで園内での撮影。そして11時半から遠足の現場での撮影でした。まぁ園児が元気でパワフルでカメラマンと僕はエネルギーに圧倒され、楽しいながらも良い意味でのストレスフルな現場でした。遠足は手賀沼湖畔近くの竹林散策からの野外での遊戯で、一瞬一瞬を楽しんでいる多くの園児を見れたことは、なにか言葉に表せられないようなメッセージを受け取ったように感じました。

短い睡眠ながらも回復したといいながら、撮影の仕事をアシスタントながらも体を張りこなすと、さすがに午後にはこたえてくるわけです。帰宅後、カメラマンの友人がソファでスヤスヤと眠り始めるのを見ると、たちまち自分にも睡魔が襲ってくるわけです。ここからです。ここから僕の幽体離脱とまではいかないものの、凄まじい夢が始まるのです。

人間に感じられない感覚はない

夢の内容ですが、舞台は僕の育ち故郷である足立区鹿浜にて。ジェイと散策していると、いつもお世話になっていた理髪店に置かれたテレビを見ることに。テレビを見ていると、Viceチャンネルのような、Discoveryチャンネルのような、ちょっとアングラな感じの番組に切り替わります。そしていきなり、アナウンサーから「翔樹さんの息子のハルトさんからのメッセージ動画があります」とアナウンスされ、映像が移り変わるのです。ここでハルトさんが画面に映るという訳ではなく、内容は鮮明には覚えていないのですが、少しサイケデリックな映像が再生されます。それ自体そこまで驚くべき内容ではないのですが、それを見終わる頃には、なぜか自分に浮遊力が付与されているのです。それで自分の意思で浮くことができるようになっているのです。ここでやばいなと思ったのが、自分の意志で浮くということを本当に味わえたということです。もうひとつすごいなと思ったのが、同じ夢の中でLINEを開くというシーンがあったのですが、トークの一覧の友達が全部、とある人で同一人物になっていたのです!これにもマジでビビったし、マジでアヤワスカを摂取した時に幻覚を見れたりするのは、人間のパーセプション(認識)は自分次第ですべて変わるんだなと感じさせられたのでした。

夢ひとつでなんか世界を見る目が変わってしまったというちょっと不思議な昼寝 on ジュンファースト, 2022でした。

というか久々のブログでしたね。文章を書くって楽しい!自分のインプットをアウトプットに変えるって楽しい!

ではグッナイ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。