人はそれぞれ学びの段階が違うことを受け入れる

あなたにとっての当たり前は、人にとっての当たり前ではないんです。それは世間的な常識などの表面的な事の当たり前な事を指しているのではありません。魂レベルでの成長過程、すなわち自分がどれだけ自分の感情をコントロールできているか、というその人における現段階での精神状態のことで、何を知っているとか、何を知らないとかという浅はかなレベルの話ではないのです。

ですから、人が無意識に陥ってしまっている事に気づいたら、それを認め、受け入れてあげる必要があります。その人の苦しみに「それはあなたの無意識、またはエゴの仕業だから」と気づくまでは良いですが、その状態にあるその張本人を責めることはご法度なのです。

0
0 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like

呼吸が浅いと、食事、サプリは意味がない

これはもう耳にタコができるくらい聞いた事があると思いますが、呼吸は人間の機能の中で、唯一、自動で行われるかつ、コントロールできる動作です。これは何を示すかというと、自動で運転している人間の機能(臓器や循環)を、呼吸を通じ…

優越感と劣等感は表裏一体

誰を見ると強さを感じますか?貧乏人ですか?独身の人ですか?年老いた人ですか?頭の悪い人ですか? 誰を見ると弱さを感じますか?有名な人ですか?お金持ちの人ですか?あなたの理想を生きている人ですか?あなたより賢い人ですか? …

酒は人間の可能性を封じ込める

“大量摂取は”です。ウォッカやジン、テキーラなどの酒がスピリットと呼ばれるのには訳がある。あなたの魂(霊《読み同じ》)に蓋をしてしまう事が出来る効力を持っているのだ。酔っ払う、人が変わる、記憶が飛ぶ。霊に間違…

怒り、ムカつきの原因を辿る

怒り、ムカつきは全て、外的要因に「トリガー」された自分の中の感情である。この事実を認めない限り、その感情を超越し、魂レベルでの成長を実施することはできない。本当の意味での自由は、自分の感情に責任を持ち、コントロールするこ…

高みは外に見い出すことは出来ない

あなたが何に取り組んでいようと、自分の描写する世界に高み、すなわち上達や成長を見出すことは出来ません。要するに他人の評価で自分の高みを測るなと言いたいのです。 外(他人・世俗)があなたをどう見ようと、どう評価しようと関係…