人への態度は自分への態度

パートナー、家族、友達、取引先。相手が誰であろうと、自分の発する態度は自分のものである。例えば、あなたが誰かを見下すのであれば、その見下すという行為は別として、その態度を作り上げているのは自分である。

誰を見下しているのか。相手だ。
誰が見下しているのか。自分だ。

そして人生という体験は、自分の中で全て描写されるという絶対的ルールがあるため、何を感じようとそれは自分の中での創造になる。
ということは、人への態度は自分への態度ということである。

「自分にされたくないことは人にするな」とは言うが、それはもちろん人のためでもあるが、一番のところは自分のためなのである。

0
0 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like

人それぞれ人生における役割がある

あなたの今日の行いが、たとえ無意味に感じたとしても、あなたのその行いがなかったら、起こらなかったことは必ずあります。 そして覚えておかなければならない事があります。我々人間は誰一人、無意味ではなく、私たちそれぞれの役割が…

真似(マネ)することは学びの最大の近道

どんどん真似してください。マネが悪いという人が居ますが、それは盗作のことです。盗作はいけません。でも真似は進んでやっていいと思います。 なぜかと言うと、真似をすることで、その真似た何かが生き続けることが出来るのです。誰も…

酒は人間の可能性を封じ込める

“大量摂取は”です。ウォッカやジン、テキーラなどの酒がスピリットと呼ばれるのには訳がある。あなたの魂(霊《読み同じ》)に蓋をしてしまう事が出来る効力を持っているのだ。酔っ払う、人が変わる、記憶が飛ぶ。霊に間違…

高みは外に見い出すことは出来ない

あなたが何に取り組んでいようと、自分の描写する世界に高み、すなわち上達や成長を見出すことは出来ません。要するに他人の評価で自分の高みを測るなと言いたいのです。 外(他人・世俗)があなたをどう見ようと、どう評価しようと関係…

人生をデザインする事

創造とは絵画や物作りをやれという事ではない。あなたの宇宙を創造することだ。そしてまずは思考の正しい使い方をマスターすることだ。 行動(現実化)と計画(プログラム)は別物だ。行動にはできるだけマインドを持ち込まない事だ。そ…

人をお金だけで判断する人は最低最悪

人は人であるのに、人の持ち物で人を判断しているのですから、最低最悪以前に、よくわからない勘違いをしてしまっている状態です。 さらに残念なのはその人本人であり、他人にすることは自分にしている、という普遍的な人間の性質があり…