意見への別意見は反論、反対ではない

別の意見が届くと、あたかも反論された、反対されたと感じてしまうことがありましたが、これは実は自分が自分の持つ意見に執着を持っているから起こる現象で、残念ながらその状態は別意見を受け入れようとしておらず、自分の意見が絶対である、という非常に幼稚な意識状態が存在していることを証明しているのです。

反論、反対は、その意見そのものの逆、すなわちその意見の存在そのものを否定することであり、別意見とは別物です。

別意見は、同じ人間として感じる、改善のための提案であり、「より良くする」という意味が込められているのです。

0
0 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You May Also Like

人生をデザインする事

創造とは絵画や物作りをやれという事ではない。あなたの宇宙を創造することだ。そしてまずは思考の正しい使い方をマスターすることだ。 行動(現実化)と計画(プログラム)は別物だ。行動にはできるだけマインドを持ち込まない事だ。そ…

自分が感じる嫌悪感を書き出す

自分がムカつく事、ムカつく人を書き出しましょう。そして何故ムカつくのか詳細に理由を書いてみましょう。そうするとその事柄や人物がムカつきの真の原因では無いことがわかるでしょう。 嫌悪感は全て自分の中で起こっていること。嫌悪…

人生は競争ではない

競争したいですよね〜。どうにかして奴を越え、ヤツを負かしたいですよね。負かしてどうなるんですか?それがあなたの定義する価値ですか? あなたが勝とうと、私たちは同じ飯を食べ、用を足し、寝て起きて、ヤッて年老いて死ぬんです。…

生きていることをまずは感じる

あなたが今生きていなければ、現状の善し悪しは別にして、何もかもの存在が皆無となります。この森羅万象が無くなるのです。ということは、人生、人として生きることのファンダメンタル(基礎)、ないし生きる上で必要不可欠な感覚は、紛…

人それぞれ人生における役割がある

あなたの今日の行いが、たとえ無意味に感じたとしても、あなたのその行いがなかったら、起こらなかったことは必ずあります。 そして覚えておかなければならない事があります。我々人間は誰一人、無意味ではなく、私たちそれぞれの役割が…

高みは外に見い出すことは出来ない

あなたが何に取り組んでいようと、自分の描写する世界に高み、すなわち上達や成長を見出すことは出来ません。要するに他人の評価で自分の高みを測るなと言いたいのです。 外(他人・世俗)があなたをどう見ようと、どう評価しようと関係…