ポイントは、「人」が問題なのではなく、あなたの「感覚」が問題なのです。人に変化を求める。人があなたの気持ちを変えてくれると期待することが本来の問題なのです。

人が人へ変化を求める時、それは人が自分に持つ「感覚」に嫌気が指している時です。自分が惨めになっている。自分が調子よくない。選択を持って生きれていない。その責任が自分にあることに気づいていないため、他人を変えることでそれらの問題が解決されると勘違いしているのです。

対人関係からのストレスが生まれる原因

あなたが日々ストレスや負担を感じていて、次のようなことを思ったことはありますでしょうか。

  • 協力してくれたらもっと楽になれるのに
  • 理解のある人だったらもっと楽になれるのに
  • もう少し稼いでくれたらもっと楽になれるのに

気持ちはわからなくもありません。実際人間は協力しあって生きる生き物です。ですがこれらの内容をよく読み直してみると、自分の心の安定と平和を他人に委ねていることがわかります。「楽になれる」という言葉です。

協力、理解、そしてお金、どれも生活には欠かせないものです。

  • 日々の仕事
  • 人からの理解
  • お金

これらは私たちの人生においての内容であり、自分で上手くコントロールしながら日々暮らせることがベストだと思います。しかしこれらがあなたの感覚や感情と同一化してしまっていると、それらの要素に自分がコントロールされてしまいます。コントロールされているの事に嫌気がさし、他人をコントロールしようとしまう。それが人が人に変化を求める根本的な原因です。

0
10 Shares:
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です