日本の意識は世界に劣る

本日の時事で目に飛び込んできたのは、アップルのCEOティム・クック氏がゲイだとカミングアウトしたという記事でした。僕はアメリカ育ちということもあって、同性愛に対して何の抵抗もありません。レズの友達もゲイの友達も、バイの友達も普通にいましたから(笑)。だからティム・クック氏自身がゲイどうこうと言うよりも、その事実を公にすることが出来るアメリカ、世界って素晴らしいなって思います。人それぞれが持つ独自性を尊重する、まだこの意識が日本人には足りないなと、ニュースなどを見て感じるわけです。先日の矢口真里さんの復帰ニュースの件もそうですけど、不倫騒動?が、そこまで叩くべき要因なのかも、理解できませんし、何故世間はそのひとつの不備だけさえも許すことが出来ないのか、疑問に思います。なぜならば、ニュースに取り上げられるくらいの人であれば、それなりの社会貢献をしてきた方であることは間違いありません。なのに巷では普通に起こっているようなことに一度でも遭遇しただけで、一瞬にして悪者扱いです。当事者の気持ちを、騒ぐ前にもう少し考えていただけないのかなぁって。乃木坂46のあの子も(名前忘れました)メッチャクチャ辛い思いをしてると思います。可哀想ですね。このような事を許せるような世間にならない限り、日本は終わるでしょう。そして優秀な人間は全員日本を去ることでしょう。断言します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。