Rich

YouTubeで良くフィットネス関連の動画を漁るのですが、山のようにあるフィットネスチャンネルの中でも、ゴッドファーザーと呼べるくらい元祖フィットネスユーチューバーのスクービーという人がいます。彼は1961年生まれで、もう現在は50を過ぎているのにも関わらず、完全オーガニックで、素晴らしいフィジーク(肉体)を保っているマッチョマンです。彼のチャンネルでは、エクササイズや食事の紹介動画のみならず、彼の人生論を語る動画もアップされています。今日たまたま観た彼の動画で、彼が面白いこと語っており、その動画からインスピレーションをいただいたので記録したいと思います。
お金持ちのことを、英語ではRich(リッチ)と言います。ですが、日本語の「お金持ち」という言葉にはないニュアンスがRichという単語には含まれています。「豊か」というニュアンスです。今日観た動画は、スクービーに寄せられた質問に答えるコーナーで、スクービーはリッチなのか?という質問に、彼はこう答えたのです。

朝起きて、自分の好きなこと、または情熱のあることに取り組めているのであれば、あなたはリッチである

リッチなのか?と聞かれたら、お金持ちなのか?と聞かれているように捉えられるわけですが、彼は敢えて「豊かさ」という定義の「Are you Rich?」に答えたのです。Are you rich?と聞かれて、お金が沢山あるからといって「はいそうです私はリッチです」と言った所で、彼本人にもオーディエンスにも何もいいことはありません。もしそう答えたのであれば、彼自身の自慢になり、オーディエンスにとっては皮肉な話になるだけです。この動画を観て改めて思いました。人々は「豊かさ」の定義を間違って捉えてしまっているのではないかと。資本主義では、お金が事を叶えてくれるツールなだけに、お金があればあるほどRichで豊かと思ってしまいます。でもお金は二の次です。四六時中お金を使うわけでもありませんし、お金で買えないものだって沢山あります。豊かさは自分自身から生み出されるもの、ということをスクービーは伝えたかったのだと思います。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。