与えられた仕事を淡々とこなせ

昨夜は珍しく記事アップを忘れました。う〜む、自分のやる気を物語っているのでしょうか。先日モリ君とモチベーションという概念について話し合っていたのですが、モチベーションという概念が頭のなかに存在してる事自体がおかしいのではないかという結論に至りました。まず第一に、エックハルト流に言うと「何かのことのために行動を起こす(Means to an end)」ことは、エラーです。「将来の何かを得るために」行動を起こすと、焦点が今ではなく、存在しない架空の未来に焦点があっているため、真のチカラを発揮することが出来なくなります。モチベーションという言葉はそのエラー通りで、ある向かう先、もしくは求めるものがない場合だとやる気が起きないため、将来に焦点がないとモチベーションが成り立たないという方程式の上に成り立っている言葉なのです。要は、「向かう先がなかったら、それはやりたくないものなのでは?」という事。
答えは、与えられた仕事を淡々とこなせ、です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。