宇宙のプログラム

私たちが定義する自分は、本当にこの身体だけなのでしょうか。自分が「自分」と言う時、自分はこの身体を指しているのではなく、自分の意識、もしくは自分のハートを「自分」と定義しているはずです。ということは自分は形なき意識であり、イコール全宇宙の存在と同じ意識と繋がっているということになります。たまに誰かの夢を見ることはありませんか?海を越えた友達だったり、遠く離れた旧友だったりと、夢の中で会う夢です。誰かと会う夢を見ると、翌朝記憶に残っていれば、あっ、そう言えば誰々の夢見たなと振り返り、その人のことを思い浮かべるわけです。facebookやらLINEやらで誰とでも瞬時にコミュニケーションを取れる時代ですから、その人に久々に連絡してみたくなったりするわけです。実際に連絡を取ってみると面白いことに、その人も同じく翔樹のことをちょうど思い出していたんだよ!とか、こっちも翔樹の夢を見た!とか言ってくるんです。問題は、これらは単なる偶然に過ぎないのでしょうか?たまたまお互いを思い出していたからなのでしょうか?僕はそうとは思いません。喩え僕という意識の宿る身体が千葉にいても、意識そのものは無限に繋がる媒体であり、時空を超えて誰かに会いに行くことが出来るのだと思うのです。不思議だけど、本当の話。こうして綴ってみているけど、誰もが経験したことのある事だと思います。これは人間だけでなく、森羅万象が無意識に駆使している、宇宙の創造を支えてきた宇宙のプログラムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。