Breaking Bad

久々の雨でしんみりです。新しい家には車庫の屋根がないので、マイカーはびしょぬれです。夜も露が降りたりと、屋根の大切さを感じております。
屋根はお金が溜まったら業者に依頼しようと思いますが、自分の目標達成に、お金が一体いくら必要なのかを考えたことはありますでしょうか。先日、親戚の家でテレビを見ていたら、爆買いなんちゃらとかいう番組が流れていたのですが、彼らのお金の使い方を見て、また改めてお金とは一体何なのだろうと思ってしまいました。
正直申し上げて、まだ僕にはどうお金を使っていくのか、どう世に還元していくのかがわかりません。これは唯一、僕にまだお金のフローが流れてこない原因であると自覚しています。億とまではいかなくでも、じゃあ1000万くらいなら頑張って貯めれば達成できそうですよね。はい、ではこの1000万が手元にあったら僕は一体何をするのでしょう。はい、翔樹くん、答えてください。はい、答えられません。パッと出てくるのは、500万の新車が買いたい、という願望がありますが、SO WHAT! んなの誰も得しない。どーでもいいです、車とか。
お金を稼ぐことに注力することは大切です。でも「どう稼ぐか」ということだけしか考えていないから、本当のお金持ちになれないのかもしれません。本当のお金持ちになるには、お金の使い方を勉強、もしくは使い道を熟知しなければならないかもしれません。アメリカのドラマ、Breaking Bad(ブレイキング・バッド)、ご存知でしょうか。最近見始めて、今日シーズン1を見終わったのですが、このお金の話がBreaking Badに出てくるのです。使い道です。目的です。パーパス(PURPOSE)です。物理的世界には目的が存在しなければならないのです。私たちは何故電車に乗るのですか?行き先があるからです。行き先には目的があるからです。
Breaking Badの主人公ウォルトは、高校の化学の教師です。肺がんと診断され、余命宣告とまではいかないものの、死が近づいてきていることを意識し始めます。ウォルトは、妻のお腹の中にいる我が子が使う一生分の金を、命掛けで稼ぎ始めます。化学の知識を駆使し、覚醒剤の製造販売を・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。