唯一の財産

新年明けましておめでとうございます。今年はよろしくお願いいたします。
さて2016年、何をしましょう。年始2日に僕と同じ事業主として頑張っている横浜の叔父さんと、車の購入やお金について色々と話を聞きましたが、やはりそれらの達成はゲームや自己満足に過ぎず、結局は「自分はどう在りたいのか」を追求することが大切なのだと改めて感じました。いとこの姉ちゃんの旦那も外車に乗りたいとか言ってて、旗から見るとまぁそれもそれで求めることは良いことなんだとは思ったけれど(実際に僕も乗りたいと思うから)、やはり人生一度しかないし、物欲以上の何か、要するに生きがいを見つけることが大切であり、それを今年の生き方のベースにしたいと思った年始でした。面白いのは、自分一人で何かを欲しがっている時はなんとも思わないのですが、他人のそのような発言を聞くと「そんなものを追っかけていて子供だなぁ」とか思うんです。つまりこのように思うイコール、自分自身の物欲もぶっちゃけ「子供」ってことになるんです。あー情けない。自分の私生活であれ、仕事の内容であれ、何も執着せずにただただやり続けたから今の形があるわけで、欲しい欲しいって言ってたら多分事は逃げていってしまうのではないのでしょうか。あれが欲しい、これが欲しい。別にOKですよ?でも最終的にはすべて関係なくなるんです。なぜならば、あなたはあなたで、僕は僕、つまり心で感じ取れる静寂のみが、僕達生命の唯一の財産だからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。