お前の夢は錯覚だ

あなたの夢は何ですか?達成したいもの、目標は何ですか?そもそも夢、目標はありますか?あるのであれば、それらは本当にあなたの「夢」なのか、「目標」なのかを、今一度考え直すべきです。
もしあなたの夢が、エベレストの頂へ達することであるとしましょう。小さいころからの夢で、学生時代、そして大人になった今に至っても、ずっと頭をよぎっているあなたの「夢」、それが「エベレストの頂上へ行くこと」です。素晴らしい景色、この世のものとは思えないほどの絶景があなたを待っているだけでなく、エベレストに登った際には周りの人から尊敬され、有名になり、例えばですが仕事も増え、お金持ちになって、理想の人といつか出会って幸せに暮らせる。あなたは「エベレスト山頂へ行くこと」こそ、自分の人生を切り開いてくれることだと信じています。
でもまだその夢は達成できていません。何十年も経ったのにも関わらず、達成できていない。小さいころからの夢だったのにも関わらず、時間はたっぷりあったのにも関わらず、なぜ行動にさえ移せていなかったのでしょうか。
その理由が、今日の記事のミソです。
理由は、あなたが欲しかったのは「ゴール」で、「経過(プロセス)」は欲しくなかったからです。山頂に達することだけが夢で、登山することは夢ではなかった、登山はやりたいことでなかったのです。もしくは頂上に達することを想像して、想像だけで満足してしまっただけとか、最初から別に夢でもなんでもなかった、夢と錯覚していただけ、という可能性もある。
イイ体になりたいなら、筋トレや食事制限という茨の道。理想の人と付き合いなら、拒絶や感情の嵐という茨の道。独立して自分のビジネスを始めたいなら、不確実性とリスク、数え切れない失敗という茨の道。茨の道を歩く「痛み」を痛みとも感じないくらいの気持ちがないのであれば、あなたの「夢」は偽物です。錯覚です。幻覚です。
あなたの本当の夢は、おそらく「今」既に実現されている可能性が高いです。
あなたが本当にしたいことは、何ですか?

英語がわかる方であれば、こちらの記事を御覧ください。今日綴ったことについての、オリジナルポストです。
http://markmanson.net/question

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。