さくら

今日から1週間前にインフルエンザに感染しました。潜伏期間は約1週間らしいので、本日でようやくウィルス全退治というところでしょうか。今日は月曜日ですし、4月になりましたし、気を取り直して人生取り掛かりたいと思います。このブログ執筆も一緒にね!ったく人生本当に大丈夫かって気がしてきますが、どうにもこうにも生きなければなりません。文句を言うのはタダ。死ぬのはダメ。ただそれだけです。それにしてインフルエンザで寝込んで、復活した頃には外がもうそれは別世界、そう、春が来たのであります。公園の桜は満開。今日は夕方から風が冷たくなってきましたが、あの薄ピンクの桜、やはり日本人の心になにか語りかけてくるのでしょうか、心が和みます。卒業シーズンはもう終わってしまいましたが、さくらのシーズンは正に今ということで、森山直太朗のさくらを久々に弾いてみました。2003年リリースの曲ですから、10年以上経っているものの、比較的新しい曲なのですが、さすが森山良子の息子だけあって、いつ聴いても古くなりません。完成度が高過ぎるのです。他にもケツメイシのさくらとか、いいですね。あとはガチ日本民謡のさくらも好きです。やっぱり日本人はなんだかんださくらなんですね。さくら国家ですよ。さくらバンザイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。