Hidden Memories

さぁ久々にやって参りました。夜のヒットスタジオ!ジェイウェーイブ!なーんてね。いやマジで車のCDプレイヤーが去年の秋ぐらいからぶっ壊れてしまったもので、車ではマイプレイリストを聴くことは出来ず、リアルにJ-WAVEしか聴いていない昨今でございます。でもね、音楽って本当に面白くって、記憶とのリンクが凄いんです。ある曲を聴けば、当時の鮮明な記憶が蘇る。僕の場合は、音楽鑑賞に目覚めたのは小学5年くらいの時ですから、当時親父に買ってもらったMDプレイヤー(当時はクソかっこよかったんですよMD!)で聴いていたサザンとかポルノ、ELT、MISIAとか聴くと、お茶の水の塾(啓明舎)に電車通いしてた京浜東北線を思い出します。あとはロスに行ったばかりの頃は、その年(2001)の紅白で流れた曲と、母が家で流していたEnyaにリンクしたり。非常に面白いミュージックとメモリーのリンクであります。
それでです。車のCDプレイヤーが壊れたと言いました。はい、この件について、最近になって気付いた面白いことがあります。僕は基本的に仕事中はPOP音楽をかけないのですが(仕事用の集中系プレイリストを聴くまたは無音なので)、車でしかPOP音楽を聴くことがなかったために、車のCDプレイヤーが壊れたことによって、一切POP音楽を聴くことのない生活になってしまったのです(おまけに今年頭にiMacもフォーマットしたのでiTunesは空)。でどうなったかというと、これが上手い具合に2015年の記憶が吹っ飛ぶんです。いや本当に。2015年は車でブリブリ移動することが多く、車内での音楽再生は必須だったため、2015年の音楽が2015年の記憶として強く焼き付いてしまっていたかと思うのですが、音楽がないので、記憶の思い出しようがないのです。ちょっとややこしい話ですが、言ってることはわかりますよね?
正直2015年はぶっ壊れた一年だったので、2016年はまた初心に戻って生きようと決心していましたが、車のCDプレイヤーが壊れるという形で、天が過去を忘れさせてくれるとは思ってもいませんでした。あれですよ、たまにあるじゃないですか、嫌な思い出が蘇ってしまう曲とか、曲と人がリンクしていたり、あとは音楽があるがために忘れられない失恋とか。まぁ僕の場合は失恋ではありませんけどね(自分でフォロー笑)!とにかく音楽のリンクって凄いなぁって。音楽は記憶を作ってくれるし、記憶を蘇らせてくれたりもする。でも音楽を聴かなければ、記憶のリンクは生まれないし、記憶が蘇ることもない。前者は喜怒哀楽を伴いますが、後者の場合、淡々と人生と向き合う以外ないので、不思議と中性を保ってくれる。
ということで、僕は意図的に音楽から離れた訳ではありませんが、音楽を聴かなかった結果、新しい人生のフェーズにスムーズに移行することが出来ました。この考察はまたもや我ながら面白いです!
さてさて音楽がかからない夜のヒットスタジオはありませんから、そろそろDJ SHOKIの最近のNO.1ヒット曲をお届けしたいと〜思います!
Imogen Heapさんの、Hide and Seek(ハイデンシーク)のOzo Remix. 癒されること間違いなしです。Here we go!

「Hidden Memories」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。