原爆について

オバマ大統領が現職の米大統領として初めて広島を訪問されたとのニュースを見ました。併せてスピーチも拝見しましたが、内容は模範解答的な完璧なスピーチ。別にこのような時事をブログに書く必要はありませんが、事実僕の曾祖父が被爆者であるため、原爆のことを忘れないためにも、僕が持つ考えについて綴ってみたいと思います。
結果論にはなりますが、原爆投下は第二次世界大戦を急速に収束へ導いたことは間違いありません。14万人の死傷者を出した広島の原爆は、日本が偶然にも舞台なってしまった、天からの警鐘。つまり戦争という茶番を無理矢理にでもやめさせるためのウェイクアップコールだったのだろうと僕は思います。今回広島を訪問されたオバマ大統領ですが、第二次世界大戦ないし原爆投下は、大統領自身が生まれる前に起こった出来事です。謝罪するのか、などとメディアは騒ぎますが、歴史的惨事は忘れてはならないものである反面、政治的中立性を保つためにも、謝罪は絶対行われませんし、行われない以前に、する必要がないと思います。理由としては、戦争というものは集合体で実行されるものであり、喩え集合体を代表する首が謝罪したところで何も変わらない。二、日本も日本で多くの犠牲者を出しているため、日本だけが唯一の被害者、と捉えてしまうことは間違い。この2点です。
謝罪して済むなら警察はいらない、とか言いますが、謝罪よりも、人類が人類を滅ぼそうとしたことがある事実のみを心底受け止め、教訓とし、これから先人類がどのような意識を保つべきなのかを考えるべきだと、僕は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。