喜怒哀楽

どうも思考の渦に飲み込まれてしまっている今日この頃です。人として生きてきた中で、数々の試練を乗り越えて来たと自負していますが、どうもこのヒューマンマインドの引力に負けてしまう時があります。負けるという表現は少し違いますが、今週は久々にやられている感じです。状況は自分の感覚に一切関係を持たない、そんなことはわかっています。ただ何かへの執着心が強ければ強いほど、この作用は強く生じる仕組みになっているので、まだまだ僕の中には何かへの執着心があるのでしょう。よくわからないですが。仕事とか生活の話ではありません。人の心とマインドを動かすのは、異性です。だからラブストーリーやらラブソングやらが売れるんですね。思い通りに行く恋などないのでしょう。人間として生きる喜怒哀楽の哀です。喜怒哀楽なしに生きられはしないのです。つまり僕がこのブログに喜びを綴ろうと、怒り、哀れみ、楽しみを綴ろうと、結局はすべて同じことを綴っていることになるのです。人生と書かれた正方形の各辺に一文字ずつ喜怒哀楽が書かれているだけで、結局はすべてをひっくるめて人生なのです。喜び怒り、哀しみ楽しみ人生を満喫しましょう。
と自分の感情を肯定して自分を慰めるとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。