神に仕える事

いやはやいやはや。気が緩むとすぐにブログを書かないんだからもぉ〜。言い訳を言うとすれば、最近は早起きの連発で夜には体力が終わっているのと、あとは喉風邪をひきまして、ゲホゲホかまして大変なことになっているので、そう、ブログなんか書いてる場合じゃないのです。しかし色々と動きはあるものの、やっぱり恋が去ると寂しいですね。こんなこと言ったら四六時中一緒にいるジェイに怒られますが、事実なのでしょうがないです。というかこのブログ、そろそろプライベートな内容は控えたほうが良いのか!?なんて思えてきています。というのも、これからどんどん露出と社会貢献活動が増える一方なので、仕事とプライベートとの区別のない人生を送っている我がバスティル社を完全公開しても良いのか、とかなんか思えてきてしまっていまして。とかなんだか言ったって、誰も気にしないか!はい、ただのアホでした。だって僕が取引先の社長のプライベートを気にするかって聞かれたら、そりゃ気にしませんものね。人は人であり、介入すべき領域ではないのです。とにかく我が社は思いっきり仕事をする!それだけです。仕事というくらいですから、仕える事であります。仕えるという言葉は、神を対象として使う言葉なのはご存知かと思います。神に仕える事、それが仕事であります。何故ならば、我々人間は全員、いや、森羅万象はすべて神であるため、尽くすの対象が何であれ、すべては仕事である。そう言うことです。神という言い方は使い古されて意味が曖昧なので、生命や形あるもの、としておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。