普通をこなすことが一番大変

奇跡的にも、ブログ執筆3日坊主からは免れました。が、今日は一日バタバタし過ぎたせいか、書き忘れるところでした。
昨日から母が留守なので、2歳の息子と二人で過ごしているわけですが、これがまた大変。子供の対応が大変というよりも、やはり手数が足りない大変さ。会社の仕事が全くなければ話は別なんでしょうが、デスクワークが優先されてしまうと、どうしても大変。簡単に言えば、全てなんでも出来るのですが、片付けをする時間が一切ない。おもちゃで遊んであげてもおもちゃが出しっぱなし。ご飯が作れて、食べれても、食べっぱなし。洗濯物が干せても、干しっぱなしと、「っぱなし」症候群になってしまうんです。いやぁ〜疲れました。明日は朝から来客があるってのにね、家ん中はめっちゃくちゃです。しかもその打ち合わせの準備も全く出来ていない!こういう時こそ、本当にどうにでもなれ!って思います。
しかしパソコンは凄いものです。
アプリの複数起動やブラウザのタブを何個スクリーンを散らかそうと、ボタン1つで片付くのですから・
でも思ったのは、家事などの比較的普通なことをこなすことのほうが、どんな仕事よりも難しいのだなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です