毎日1時間

人生は習慣です。個人ごとではありますが、今年の7月1日から、以前から継続に失敗し続けてきたウェイトトレーニングを再度開始し、数日前に丸々3ヶ月の継続に成功しました。ペースとしては週4でやっています。3ヶ月もやれば、少なからず結果は出るもので、重量の負荷も、大きな筋肉の部位(胸、背中、脚)においては、開始時よりプラス20kgの重量に対応できるようになりました。体重も以前から増やしたいと思っていたのですが(バルクアップ目的でのウェイトトレーニングです)、約6,7キロの増量にも成功し(現在67kg)、とりあえず正しいウェイトトレーニングが出来ているということを嬉しく感じています。
面白いことに、3ヶ月を達成した今、この3ヶ月の継続からのレッスンというか、学びがあったのです。それは、「どんなものも、ウェイトトレーニングのように続けるだけで、結果を残せる」ということです。例えば新しい何かを始めたいとします。英会話でもスポーツでも習い事でもなんでもいいです。特に20歳を過ぎた人(僕を含む)に言えることなのですが、始めるにあたって、無駄なことを考えてしまうんです。「どうせ私には無理」とか「始めるのが遅すぎる」とか、いわゆる言い訳です。でもぶっちゃけた話、やり続ければ誰だって出来てしまう。それが大人と子供の違いなんだな、って今日気づいたんです。子供は感覚で生きているから、変なことは考えません。だから上達も吸収も早い。でも大人は、もしくは年をとるほど上達と吸収は遅くなるって言われている。自分はこれは嘘だと思います。違いはごちゃごちゃした思考があるかないかだけで、誰だって同じように成長して吸収できるし、何をいつ始めようと遅くなどありません。
なんでもいいから、毎日1時間をまずは3ヶ月続けてみる。上達云々は考えない。ということで僕は前からやりたかったギターとDTMをこれから毎日1時間ずつ行うことにしました。これ、人生のシークレットですよマジ。なんでも出来る気がしてくるもん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。