時間という錯覚

やったぜ!やっつけたぜ!あとは明日起きてファイリングして投函するだけだぜ!フー!とか言ってますけど、本当はこういうのは無しに淡々と物事進めていきたいものです。はい、先日の徹夜の続きの件、無事完了いたしました!道のりが長かっただけやり切った時は本当に気が楽になりました。肩の荷が下りるってやつです。ありがとうございました。
やり切ったからと言って、完璧にこなせたわけではありません。内容的には完璧にしたつもりですが、やっぱり自分は時間に弱いなと、思うわけです。ここで言う時間に弱いというのは、遅刻しやすいとかではなくて、時間という要素に左右されやすい、もしくは時間という空想的概念を逆手にとって、やるべきことを後回しにしたりしてしまう、という意味です。要はですね、今回の提出書類の準備を例にすると、実はもっと時間には余裕があったはずなのです。というかかなりの余裕がありました。約1ヶ月の準備期間がありました。それなのにも関わらず、月の最後の最後まで取り掛からず、最終的に締め切り前に詰めに詰め込むということになってしまったわけです。
自分なりに分析してみますと、1ヶ月の時間がある時には僕は、「まだまだ余裕だ。時間なんて山ほどある。これだけの時間があるんだから問題なく締め切りには間に合う。」って思うパターンがあるんです。でもそう思ってしまう結果、結局締め切り直前までダラダラして取り掛からないということで、「時間がない!ヤバイ!間に合わない!」という逆のパターンに陥り、徹夜まで要するまでにエスカレートしてしまう。ですからここで僕が僕自身に言いたいことは、「時間がある」と思うことは錯覚であり、「時間がある」とポジティブに感じ思ってしまう時点で、既に「時間がない」という現実も同時に作り上げているんだよ、ということなのです。「時間がある」と思う裏側には「時間がない」も、くっついている。
この錯覚は結構しぶといです。人生まだまだ時間がある!なんては思わないのですが、もし思っていたとしたら、それはどういう意味かお分かりですよね。人生死ぬまでなんもしないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。