点を繋げる

スティーブ・ジョブズの名言は、彼の死後、あらゆる場所で紹介され、多くの人々を励ましています。彼の功績は多岐にわたりますが、伝説のスピーチと呼ばれる、2005年のスタンフォード大学の卒業式に行ったスピーチ、ご存知でしょうか。彼はそのスピーチにて、3つのストーリーを語ったのですが、そのひとつに「点を繋げる」というストーリーがありました。内容は至ってシンプルで、人生で経験する様々な物事を点とするならば、未来を展望しては点は繋げられず、過去を振り返ってからでしか繋げることができない、というものでした。僕もこのスピーチは何回か見たことがあるので、この「点を繋げる(Connecting the dots)」というストーリーはもう既に知っているものでした。
点は過去を振り返ってからでしか繋げられない。そう言われれば、そりゃそうだ、としか思わなくありませんか?人生の道のりをカーナビに喩えたら、自分の通った場所にしか、点を落とすことが出来ませんから。僕もこう思っていました。
しかしそれにはもっと深い意味があったのです。今日の気付きだったのでシェアさせてください。彼がその喩えをスピーチにて紹介した本当の理由は、「人生にて経験、体験すること全てを、将来の何かに無理やり繋げようとするな」ということです。大人になると、行動の大半が、将来のためになるかどうかで選択されるようになってきますので、どうしても「結果」や「成果」を考えた上での行動になってしまいがちです。それらの行動は、人間の頭脳が行っている指令であり、自分の心に沿った行動ではないことを理解する必要があるのです。
頭脳は、将来を考え予定を立て、それを着実にこなせば、成果が出ると信じているのだが、宇宙の法則はその逆であり、なんの成果も期待しないでする行動こそが、本当の意味での「成果」を生み出すようになっている。だ・か・ら、点は過去を振り返ってからしか繋げられないのです。無意味に見えるようなことでも、それが必ず何かに影響を与えている、っと。
今やっていることを、将来の何かに繋げようとしないことこそが、宇宙に繋がる生き方になる。
繋げようとすればするほど、何も繋がんねーっていうね!面白いでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。