人が嫌いイコール自分が嫌い

今日、母が友達と佐倉市にある歴史博物館に行ってきたそうです。縄文時代から現代まで、まるでフェイスブックのタイムラインのように、何が起こって何がどう変わったかを知ることが出来たそうです。聞いた話によると、人間が長い年月に渡って唯一行い続けてきていることは、生活、仕事と祭り(儀式などを含む)の3つで、時代や環境が成長してもこの3つは変わっていないんですって。だからこれら3つはこれから先も続くことになるのですね。頑張ります。
さて、最近我が家でキテる話題はズバリ人間関係についてです。まず僕の母には、これから仕事を一緒にしていこうね、と話していた人が、ようわからん形でいきなりfacebookなど全てを消し去って消えてしまった人がいました。特にケンカしたわけでも無く、揉めたわけでもなく、何故か突然に消えてしまったのです。僕自身も、昨夜同じような似てるような感覚に陥ったのですが、それは母の人と同じように、特にケンカしたわけでも揉めたこともない人が、定期的に僕のことを友達から外したり友達申請を送り直したりしてくるんです。
ふたりとも何かをまだ背負ってるんだと思う。背負わなくてもいい重い何かを。もっと自分愛してください。完璧主義をやめれば楽になれます。
人が嫌いイコール自分が嫌いなんだよね。僕も最近気づいた重要ポイント。世の中でこれだけ他人の批判が行き交うのは、自分のことを愛せなくて、自分を嫌いになってしまっている人がどんどん増えているということ。楽に共に生きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。