ルーが入院

我が家の愛犬ルーことルビーが本日入院してしまいました>< 病院でレントゲンを撮った所、何かを誤飲してしまったらしく、異物が胃の中で滞っていました。これは苦しいわけです。
実は昨夜から事は始まっておりまして、もう僕が全く眠れないほどソワソワしていました。眠れないだけならまだいいものの、ルーは吐き気が収まらないと必ず外の草むらに行って草を食べたがるので、布団で寝ている僕に向かって「連れてけ」と訴えてくるんですよ・・・。まず草むらに連れてけ第一弾が、まだ布団に入る前で、昨夜僕が風呂から上がった位でしょうか、23時過ぎです。家の隣の草むらにルーちゃんを連れて行ってあげると、これでもかってくらい草を食べ始める。多分4,50分は外で食べ続けてたんではないでしょうか。草がある程度腹に溜まると、異物を出そうと強制的に吐き出す仕組みです。数回吐いていましたが、そこまで大きな異物は見られませんでした。
こっちもスッキリしてもらいたいし落ち着いて寝たいので、ルーの本能を信じ、やることをやってクリアになってもらいたいのです。
ただ外に連れて行くと言っても、僕は寒い暗い中突っ立ってるだけですよ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル!ガンバレーって心で叫びながら。んで第一弾が終わって、まぁちょっとは落ち着いたっぽいので、さぁ寝よう!と思って布団に入ったらまたまたソワソワが発症・・・。外に連れて行けと訴えられてもこっちは眠いし、真夜中にクソ寒い外になんて行きたくないから、無視していると今度は玄関の扉をものすごい音を立ててガリガリ引っ掻き始めるのです!NOOOO!結局この外に連れてけ案件は昨夜第3弾までありまして、時刻が23:21、1:44と2:52、各約40分ずつくらい、ルーの草食べに付き合ったのでした。
もうね、本当同情してよって言いたいくらい辛かったです。こんなに辛いことがあるんだなって、久々に感じましたよ。この世で一番辛いこと、それは眠れないことなんだなって。昨夜の経験で得た答えです。本当に。眠れないことと比べたら、その他のことなんてチョロいもんです。しかも寒い冬の夜に独りで・・・。家には誰もいないし!泣きそうになりました・・・。トホホ。まぁまぁそれは僕の体験です。本当に大変なのはルー!
今朝起きても、まだソワソワしてたんですよ!こりゃやばいなって思って、朝の散歩を済ませてから午後イチで我孫子市でナンバーワンの動物病院へと直行。血液検査は全く以上無しで、病気ではないことが分かってひと安心。でも次にレントゲンを見てみたら、やはり胃に何かある。ほっといても上からも下からも出てこないって言われてしまったので、躊躇することなく次のアクションをお願いしました。入院です。方法は2つあって、内視鏡を口から入れて異物を取り除くパターン。もう一つは切開。内視鏡パターンで取れれば明日には退院出来るって言われたから、それが上手くいくことを願うのみ。
ルーがんばれよ~。I’ll see you soon.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。