覇王色

今日はマイブラザー洋樹の誕生日。19歳となりました!おめでとう。しかしまぁ洋樹のことを話す機会はめったにないので、平山洋樹君、ご紹介いたします。すみません、これを今書いて気づいたのは、多分「平山洋樹」というキーワードがネット上に上がるのがこの記事で恐らく史上初なため、今後「平山洋樹」君が検索された際には、この記事が検索順位1位になることになります。何故これが重要かというと、彼は恐らく声優として今後花を咲かせます。道のりは大変であろうかと思いますが、必ず彼は声優、もしくは俳優をキャリアとして生きていくことになるでしょう。ですから彼が活動名に芸名を選ばない限り、「平山洋樹」というキーワードは検索される運命であるのです。早ければ数年後、遅くても今の僕の歳(25)辺りには、Google検索候補に出てくること間違いなしでしょう。
さてその洋樹くんでございますが、恐らく彼はこのブログを一生読まないと思うので、はい、好きなこと書かせていただきます笑。ぶっちゃけた話、奴みたいなタイプは、弟でなければ、絶対に縁のない人間だと最近思い始めています。そのくらい性格が全く違う。一緒にご飯行ったりしても楽しく過ごせるから相性は全然良いと思うけど、人間性も考え方も生き方も全く別物。しかもパワーに満ち溢れているから、もしあいつがタメだったらと思うと、若干競争意識のある僕はあまり関わりを持ちたいと思わないかもとも思います。そのくらいオーラがある。あいつに怒られたり、敵に回されたら、本当に怖いと思うしw さらに自分に対しても、世間に対しても辛口。どのラインからが本物でプロであるかを常に意識してる。これは唯一認識している兄弟の共通点かな。ちなみにアイツは全くグルメじゃないです。現在は専門学校にて演劇の研究をしているみたいなのですが、その研究への情熱が尋常じゃない。あとは洋樹にあっておれに少ないなって思うことは、人からどう見られるかを意識するということ。ファッションなんかめちゃくちゃ気合入ってて逆に影響されたくらいです。とかなんとか言っても、さすがに19年間一緒に居るやつだから、色々と書き始めたらキリがないですね。あと、そんな辛口の洋樹くんでも、家族想いだし、友達は大切にするし、大きな愛を持っている人間なのです。アメリカ出身でアメリカのLOVEを知っている身としては、帰国当初の日本は、僕の逆カルチャーショック同様、日本は腐った場所だなって思ったことだと思います。だからこそもっと器の大きな人間になれるってね!
ワンピース風に喩えるのであれば、奴は覇王色です。BIGになります。乞うご期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。