同じ匂い

このブログを書き始めたきっかけは、マネックス証券の松本さんのブログと出会い、彼が十年以上毎営業日にブログを更新しているということに感銘を受けたことです。継続は力なりを意識し始めてた中で、彼の3000記事の継続を目の当たりにした僕は、それはもうかなりのインパクト。塵も積もれば山となるとは言うけれども、3000記事は完全に3000m級です。そんな松本さんが気になってしまい、アマゾンで検索すると著書が数点あったので、一番売れたと思われる「私の仕事術」という本買ってみようとクリックすると、当時のメディア報道(彼の結婚の件)が影響したらしく、書籍は品切れ。でも直ぐに読みたかったのでKindle版を購入したのです。まぁ買ってからもう大分経つことになるんですが、今日やっと読み終わったので感想を綴りたいと思います。
内容的にはそこまで斬新では無く、至って普通の「仕事がデキる男」の哲学が詰められていた書籍でした。その中で僕が一番気になったというか気付いた事があるのですが、それは彼の文章の書き方や、表現の仕方が僕にかなり似ているんです!僕は過去に多くのビジネス書を読んできましたが(堀江貴文、熊谷正寿、稲盛和夫などなど)、このように思ったことは今までありません。でも今回の松本さんに限っては、かなーり自分と同じ匂いがする。何か形を超えた部分での共通点があるように感じたのです。彼は開成から東大を出て金融業界へ入った人間なので、僕とは全く別の道を歩んだのでしょうが、根本的なモノサシが似ていて、内容よりも(内容からももちろん影響を受けた部分は多々ありましたがSORRY)、彼のような人が自分と同じようなパースペクティブ(視線)を持っていることには、非常に嬉しく思えました。なんだかんだ本読みはいいです。最高です。次に読む本ももう買ってあるのですが(2冊も)、まずは先日読破した「E-Myth Revisited」の実践です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。