インターネット依存症

何故意味も無くfacebookを開いてしまうのでしょうか!?仕事柄、インターネットブラウザを常時起動しているので、すぐにアクセス出来てしまうという事実がありますが、それだけが理由ではなさそうです。自分を観察してみたところ、仕事が一段落するとfacebookを開く癖がありました。さらにfacebookだけでなく、情報収集の意図が無い状態でのニュースサイト閲覧などの癖もあるようです。あまり害のないように見えるこれらの癖は、マインドが無意識に行っている一種の「ごまかし」です。何をごまかしているかというと、「人生を」です。人生とは、その時々に与えられているひとつひとつの瞬間です。いわゆるPRESENT MOMENT(プレゼント・モーメント)をごまかし、それから逃げているということになります。しかし自分にそんなつもりは一切ない。逃げているつもりも一切ない。しかしよくよく思い返すと、刺激(スティミュラント)を欲している状態であることがわかってきます。要するに、思考を停止させるのが怖いんです。だから永遠と思考のエサになるようなコンテンツを探し続ける。facebookのインフィニット・スクロール(無限スクロール)や、随時更新される時事、その他大量に存在するインターネットコンテンツは、マインドにとっては最高で最大の刺激探しの大海原です。終わりがない!そしてfacebookやニュース以上にヤバいのは、特に日本男子!の利用するアダルト系コンテンツです。これは世界的にも精神病として認知されてしまったもので、ポルノ依存症は、寿命を縮ませるレベルの悪影響が及ぼされるそうです。とはいえ、ポルノ依存症は、分類すればインターネット依存症という大きなカテゴリの中に属するものなので、刺激探しの一環であるということをまずは理解しなければなりません。まず第一に、これらの癖や依存症は、自分以外の外的要因が原因であることを理解し、自己否定を行わないことが改善の鍵になります。自分的には、これでも大分刺激探しは自己認識し、徐々に徐々に改善してきたつもりです。酒はもともと飲みませんが、タバコの除去、ポルノ及び自慰行為の除去、無駄遣いの除去、無駄な外出の除去、炭酸飲料の除去、無駄な砂糖の除去などなど、色々と重ねてきました。それでもfacebookとニュースを止めるのが難しい!なんなんだこれ!多分ですが、facebookとニュースは「あまり有害に感じない」からこそ、打破が難しいのだと思います。そろそろ次の領域です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。