読書は大切

昨夜、高校で一緒だった博之と5年ぶりに会い、品川でご飯を食べてきました。最後にあった時と変わらない部分がほとんどでしたが、やはり京大の大学院卒業を3月に控えているだけあり、頭脳は今までより一層やばくなっていたような気がしました。特に僕が最近勉強し始めた株式トレードだったり経済学に詳しくて、半分初心者講座みたいな話になってしまったくらいです。それ以外にも、哲学の話とか読書の話をしたり、生き方や考え方の共有、あとは男同士でしか話せないホニャララなどの話をして、非常に愉快でインスパイアされる会食になったのでした。
生き方と考え方に関しては、博之は僕に耳にタコが出来るくらい「読書の重要性」を伝えてきました。一年に200冊を5年間続けると、想像を絶するレベルでの教養がなされ、世の中の仕組みが分かってしまうまでに達するのだとか。まずは1ヶ月に2冊くらいから、読破する習慣を身につけていきたいと思っております。そういえばホリエモンはムショに入る前に2年で1000冊読むって言ってたなぁ。やはりデキル男は読書をしているのだろうか・・・。自分で実践して、またいつかレポートするとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。