支配下

毎日気付けばこんな時間です。一体全体人間は何やってるんでしょうね。今日はただただ仕事をしており、特に何も書くこともないということで、「一体全体人間は何をしているのか」について語ってみたいと思います。ニュース閲覧を絶っているとはいえ、世界では日々残酷な出来事が起こっています。地球というユートピアで、何故それらのような出来事が起こるのか?理由は「お金」にあります。お金は価値を示すための単位に過ぎず、基はといえば、お金も人間が発明したコンセプトです。しかし現状を見る限り、人類は自ら発明したコンセプトに支配されてしまっています。お金という概念があるが故に、競争社会が生まれ、平等性がなくなり、この競争が世界の国レベルで行われており、これがいわゆる戦争というものになります。お金さえあればどうにでもなると勘違いし、お金を使って世界征服を試みたり、他国を支配しようとしているのです。これは世界レベルの無意識ですが、世界で行われているということは、掘り下げていけば、私たち個人も同じ考えを持ってしまっているということになります。
今日たまたまデザインコンペティション案件を通じて、博報堂のサイトに訪れたのですが、統計データに関するあるコラム記事がアップされていました。「あなたは何を信じますか?」という質問に、「愛」か「お金」かの2択で答えるアンケート結果を紹介していたものです。1992年から今年の2015年までのアンケート結果がグラフとなっていたのですが、1992年は、70%が愛、30%がお金でした。しかし昨今の2015年になると、45%愛、55%がお金と、なんとお金が愛を上回ってしまっていたのです。まぁ愛と答えている人が、何を一体「愛」と定義しているのかは分かりかねますが、「形見えないもの」より「形あり実用性あり」のお金を選ぶ人が増えてしまっている事は、同じ人類ながら残念に思います。自ら作った概念に支配され、生きるべき道が、その概念によって塞がれる。一体全体何やってんだ?って思いません?
日本一のおかき屋播磨屋の代表・播磨屋助次郎さんが、不定期で人類への警鐘を鳴らすべく記事をアップしています。最近チェックしていませんでしたが、2月に最新号がアップされていたようで、先ほどサクッと目を通しました。天皇が鍵っぽいですね。是非読んでみてください。http://www.harimayahonten.co.jp/rinen/5chie1.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。