ラーメン屋

本日は新規のお客様と打ち合せということで、船橋まで行ってきました。出掛けると、家に戻って仕事をする気分ではなくなるので、出掛ける日はOFFの日としています(勝手にw)。船橋はなんだかんだご縁のある場所で、自分のキャリアの原点がある場所でもありますし、大好きなラーメン屋さんがある場所でもあります。僕の場合、出掛ける時は必ず周辺地域のグルメを堪能しないと気が済みません。一回都内へ打ち合わせ出る予定があった時に、打ち合わせのスケジュールどうこうというよりも、周辺地域のとある店に行くのが楽しみなんだと口ずさんでいたら、家族みんなに突っ込まれたことがあるくらいです。お前は打ち合わせよりメシか!?とw まぁ正直言えば、はい、その通りです。花より団子です。良いのか悪いのかは別として、この事実は正しいと自ら認めます。そして今日も打ち合わせが終わりそうになったくらいから、頭のなかは某ラーメン屋さんでいっぱいでした。
それで実際食べに行ったのですが、やはり久々に食べると美味しいですね!食べログでは何故か上位には載っていないのですが、僕にはその理由が理解できません。今日はたまたまオーナー店主の方がシフトに入っていて、ラーメン屋情景について少しお話をさせていただいたのですが、なかなか厳しいみたいです。店舗を構えると、場所や周辺の人の流れに依存してしまう傾向があるようで、客の大半を占めていた近くの会社が別の場所に移動してしまったらしく、それ以降下り坂になってしまっているそうなのです。う〜ん、自分で言うのもなんですが、肥えた下を持つ僕が認めた美味しいラーメン屋さんなわけですよ。それでも集客に困っていたり、周辺の人々が独特の良さを分かってくれないのは、非常に残念なことです。ということで、いつかはわかりませんが、そのラーメン屋さんのWEBマーケティングをご提案していこうと思いました。ラーメン屋さんは、千葉ウォーカーとかの雑誌や本、食べログなどでの検索でしか人を集められていないのが現状で、ぶっちゃけた話、しっかりとしたマーケティングを行っているラーメン屋さんはひと握り。だからこそ空席が沢山あると僕は思ったわけです。どのような形で形にしていくのかは、まだ僕にも未知の世界なので、現時点ではなんとも言えませんが、WEBマーケティングはどの業種でも駆使することが出来るミディアムです。オーナーさんの笑顔をまた見たいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。