究極の質問

夢を持て。夢を追いかけろ。勝利を掴み取れ。一番にこだわれ。

成功論、及びモチベーションアップ向けの動画を観ると、大抵上記のようなことを繰り返し耳にします。カッコイイ映像に、カッコイイBGM、そして成功を手にしてきた人々のスピーチ音声を重ねあわせた、ド派手なモチベーショナル動画は、見ているその時はなんだか燃えるんです。よっしゃ俺もやったるでぇ~!って燃えるわけです。その燃え方ってのがね、喩えるならばマッチって感じ。シュッとやって、ジュワッと燃えて、フッて消える。その火を自分の中の何か別のものに着火出来なければ意味が無いんです。でもね~。でもですよ。僕は正直なところ、夢を追っかけろとか、夢を生きろとか、そう言う類の名言にだけは、物心ついた頃から、ずっと共感できませんでした。何故かと言うと、夢っつー夢も無ければ、試しに夢を想像し、夢を追いかけてみれば、夢を追いかけるだけ、悪循環に陥ってしまうからなのです。実際の話、ここ数日間も同じような感覚に襲われました。毎日一生懸命仕事してお金を稼いでも、今の僕の稼ぎじゃ家族を養うのが精一杯なので、自分のために使えるお金があまりないが故に、僕は夢を追いかけていないのかなぁ、とか、もっと大きな夢を抱こう、もっと金を稼いだる!とか、繰り返し思うわけですが、こうして目の前の仕事とは関係のない将来的なビジョンや夢を考えれば考えるほど、僕の合計出力は下がる一方なのです。やる気アップ、さらには合計出力アップのために夢を考え、夢を追うのが常識的な考えですが、僕にとってはこれは本当に違います。これは夢を達成できないからとかではなくて、結局辿り着く終点(夢)への、ルートを、ただ単に変更するだけ、という話であるからなのです。
以前マッキーの曲で「どんなときも」の歌詞の話をしたかと思います。「どんなときも」の2番にこうあります。

「もしも他の誰かを、知らずに傷つけても、絶対ゆずれない、夢が僕にはあるよ」

以前はマッキーの歌詞を肯定していたのにも関わらず大変申し訳ございませんが、これは完全なるエラーです!!自我的な夢を追いかけるためなら、他人を傷付けても良い!?良くないです!!
エックハルトのニュー・アースに書いてあったことを参照しますが、喩えば誰かの夢が億万長者になることだとしましょう。彼の日々の努力が報われ、彼は億万長者になりました。しかし彼は億万長者になりたいがために、毎日ピリピリしてムカつきながら、家族にも冷たく、極端な現実主義者として10年間生き、億万長者に辿り着きました。
はい。上記が、巷で言われている夢なんです。あまりにも無様です。
ではどうしたら良いのか?僕は今日答えがわかりました。自分が何を求めているのではなく、人生、そして宇宙、社会全体が、僕から何を求めているのか?という視点に変えるのです。人生の運命は決まっている。辿り着く場所は同じ。コンシャスルートを通るか、エゴルートを通るの違いですね。欲望が消え、ストレスが消えました。これぞ究極の質問よ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。