Daft Punk – Random Access Memory

夜のヒットスタジオ、今夜は2013年に大ヒットしたフランスのエレクトリック音楽デュオ・Daft Punk(ダフト・パンク)をご紹介したいと思います。さぁこのDaft Punkですが、彼らよりも有名になってしまったかもしれないPENTATONIXというボーカルグループが、Daft PunkリミックスをYouTubeにて公開しておりまして、PENTATONIXからDaft Punkを知った方も多いのではないでしょうか。まぁ僕自身がPENTATONIX経由で知ったからなんですけどね。それにしてもDaft Punkが2013年にリリースしたRandom Access Memoryというアルバム、この日本の地で聴いたことがある方はいますでしょうか?なんと2013年のAmazon.comヒットチャート第2位まで上り詰めてしまった、彼らの集大成的アルバムなのですが、収録されている曲13曲、どれも聞いたことのないようなシンセサイザー音が取り込まれており、さらに一曲一曲がそれぞれの曲をもっと良くしてしまうような相乗効果を生み出していて、「アルバムのお手本」とも言える、非常に完成度の高い仕上がりになっております。曲を聴いてみると、あまり聞き慣れないシンセ音を多用しており、実際の所、僕自身も聴き始めの頃は、少し抵抗があり避けていたんですね。なんせPENTATONIXがド派手に1億ビューを集めるほどの完成度でDaft Punkリミックスを公開しておりましたので、それに聞き慣れていた僕には、オリジナルDaft Punk、特にGet Lucky音源に限っては、かなり迫力に物足りなさを感じていました。しかしですね、iTunesをランダムに再生させておいてDaft Punkを数回耳にする度、なんと言いますか中毒性と言いますか、面白いことにもっともっと聴きたくなってくるんです。彼らの音源の特徴と言いますか、僕なりの評価なのですが、彼らは聞き慣れない8bit的シンセ音を使っていて、正直古く聞こえるような感じでもある反面、それらの音を彼らほど上手く音楽に取り入れた前例がないため、ある意味めちゃくちゃ最先端に聞こえてしまうのです。それが物凄く新鮮で、2015年になって本当に今さらなのですが、Daft Punk、マジでハマってます。Random Access Memoryは本当にオススメ。新しい世界を見せてくれること間違いなしです。さて余談が長くなりました。百聞は一見にしかずと言わんばかりに、百文は一聴にしかずでございます。Give Life Back to Music、どうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。