タイムリーヒット&AKB総選挙予想

面白い!久々に面白いと思った!先日買った「嫌われる勇気」という本、結構というか、かなりいいですね。昨年か一昨年かにリリースされた本で、アマゾンで堂々のベストセラーを2,3年キープしている本で、実は以前未来にオススメされていたのですが、その時は買わずに、今回やっと買って読む運命になったのかなぁという感じです。いやぁ~、気になった目次から、多分94ページくらいから読み始めて、150ページくらいまでバーっと読んでしまいました。自分にはタイムリーな事が沢山書いてありました、本当に。対人関係って難しいし、めんどくせーなと思っていたのですが、それに関する事が沢山書いてあり、マジでちょっと気持ちがスッキリしました。あと面白かったのは、何かをしないのは、自分で勝手な理由付けをしているから、という部分。本からの表現を引用しますが、職場で仕事が出来ないのは、うるさい上司がいるからだ、という意見があるとしましょう。この意見は因果関係論であると、通常は思います。うるさい上司がいるから→仕事が出来ない、という風に。しかしながらこのアドラーの教えでは、実はこの考え方、自分が仕事をしたくないから、うるさい上司という存在がいるという原因を自ら創り出しているというのです!これを読んだ時、うわっ、これ俺だわってマジで思ってしまいました。いつも言っていると思うのですが、今の仕事以外に、色々な仕組みを作り上げたり、もっと別のプロジェクトをやりたいと、僕は思っています。しかしこれはもうここ数年間言い続けていることで、いつまで経っても着手する気配はありませんでした。僕はやはり人を比べてしまう癖がまだ抜けきっていないようで、先を行っている人を見てしまうと、やる気がなくなってしまうのです。先ほどの話のように、因果関係論として表してみれば、僕は「もう僕のやりたいことを既にやっている人がいるし、僕がどれだけ頑張ったとしても、追いつけるわけがないんだから、やらない方がマシ」という風に考えて、行動を避けてきたように思えます。ですがこの僕の理論、僕は他人を勝手に創り出して、やらない理由を作り上げているのです。要は、僕は誰かのせいで行動出来ていない、という風に思っているのです。しかしアドラー流の考えからすれば、僕は他人のせいでプロジェクトを進行させるという行動をとっていないのではなく、そもそも自分がそれらのプロジェクトをやりたくないだけ、なのではないかという風に思ったわけです。思ったというか、その通りですよ、マジで。図星。僕は無意識にやらない理由を創りあげていたんです。やらない理由というか、やりたくがないための言い訳を作り上げたのです。わお。繰り返すけどマジで図星。ビックリした。エックハルトの本以上の驚きだったかもしれない。特に日本人特有の、社会的な例を挙げての解説であるので、競争社会にどっぷり入ってしまっている僕にとって、かなりの衝撃でした。HOLY SMOKES.
さて明日は待ちに待ったAKB総選挙ではありませんか!特に熱狂的なファンというわけではないですが、時事的な話題として、順位はちょっと気になります。一位はさしこでしょうね。と言いたいところですが、そう簡単に天は華を授けないですよ。まぁでも結局さしこでしょうね。理由はわかりませんが。個人的には柏木由紀もしくは珠理奈に行ってもらいですね、一位。まゆゆ連覇は無理でしょう。たかみな卒業でも、やっぱり一位は厳しいかなぁ。まぁ誰も分かっているとは思いますが、さやかとぱるるはいずれも7位内でしょうね。でもさやかもぱるるも、絶対一位にはなれないです。今後も絶対に無理です。ですが、それは天が別の機会に華をとっておいてあるからです。1位になった前田大島指原渡辺が、卒業した後に華が咲くとは限りません。天はその日とその人を、あるべき場所に必ず導きます。なのでさやかとぱるるは、なんかしらの形で芸能界で華を咲かせるでしょうね。さやかはかなりの何でも屋さんで、総合力ではダントツ一位ですし、ぱるるの場合は、そもそもの素材的レベルが違い過ぎます。ということで、投票権はありませんが、山本と島崎に一票ずつ!みんな明日は頑張れ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。