LINEメッセはコミュニケーションではない

サマーだから頭がぼーっとしてるのかもしれません!ブログ投稿のミスがアチラコチラで出てきています。多分もうガチで夜には書いてはいけないのでしょう。一応夏生まれなので夏や暑さには強いのですが、まー暑くてだるいことには、普通の人と変わりないです。そーだそう言えば昨夜、そう、チバラギメンツのヨーコちゃんとLINE通話で真夜中にバカ話をして盛り上がってたんだけど、なんと3時間も話してしまったのです!わら 我ながらビックリしてしまいました。結局寝たのは2時半とかw 今となれば何について話したのかまったく!覚えていないですけど、とにかく爆笑したことだけは覚えております。そーだまた思い出したんだけど、そう、LINEのチャットとかさ、メールとか何でもあるけどさ、要はそのテキスト系のコミュニケーションツールありますよね?あのね、あれはぶっちゃけね、「コミュニケーション」ではないです。「カンバセーション」でもない。ただの情報伝達です!テキストでコミュニケーションが取れると思ったらあー大間違い。情報伝達しか出来ないツールなのに、そこでコミュニケーションを取ろうとするから、LINE系のチャットだとトラブルが起きるんですよ。例えば、たまにですけど、皆さん「!(ビックリマーク)」とか、顔文字とか♪マークとか付きまくるLINEメッセージのやり取りがあるのわかりますか?それがですよ、いきなりまたは気分で、ビックリマークや顔文字を外したメッセージを送ると、たまにですが、「あれ、なんでテンション下がってんの?」とか、「あれ、怒ってんの?」みたいな返答が来る時ってあると思うんです。何が言いたいかと言うと、LINEメッセージないしテキスト系メッセンジャーのやり取りは、相手とのやり取りではなく、「自分の思考」とのやり取りだ、ってことを言いたいんです。要は自分で自分のストーリーとか憶測を創りあげてしまうんですよ。だから人と話す時、誰かと話したい時には、メッセージではなく、通話するのが良いのです。よりモアベターなのは、FaceTimeとかLINEビデオ通話ね。喩え画面に映っている映像がスクリーン上のピクセルに過ぎなくても、相手の顔、表情が見れるのは、やっぱりコミュニケーションとしては大事なんです。特に返事の必要のない時には頷けばいいだけだし、電子通信でありながらも、一番コミュニケーションとして素晴らしいのが、やはりビデオ通話です。はい、ということで、皆さんFaceTimeしまくりましょう。FaceTime使ったら、FaceTime以外仕えなくなっから!ビデオ通話バンザーイ!テキスト HELL NO!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。