ダメ出し

意思決定。これは経営における重大要素です。そんなことはわかっていますが、意見が一致しないことこそスッキリしないことはありません。もちろん皆の意見は尊重します。というかこんな事書いていて思いましたが、ただ単に僕の無力さに嫌気が差しているだけなのかもしれません。この意見の交差は、僕の会社のWeb関連の話ではありません。ミネキさんと一緒に計画している、新木の気象台記念公園で行う、クラフト音楽祭の企画の話です。まぁとにかく僕の昔からの癖ですが、自分が良いと思うものに(今回の場合はイベントの告知ポスターに)口を出されると、全部ダメ出しに聞こえてしまって、もーうなんだかヤル気が失せるんです!とは言ってもこれは僕の問題です。ダメ出しに感じるイコール、自分の無力さに嫌気が差しているだけなんです。だから僕はもっと成長しなければならない。他人に別の意見があるイコール、その人の中ではありえない何かがあるから、そのような意見を発するわけで、自分の考えは100%正しいと言い張ることも出来ますが、少なからず改善できる点があるはず。それか自分の中でも100%納得していないから、他人からキツい言葉をいただく、のだと思います。しかしそれに関しては僕は断言出来ます。ここ一年間のWebデザインの仕事でもそうですが、自分が100%納得する作品を提案することに専念してから、クライアントからのダメ出しが100%消え、逆に褒めのお言葉しかいただかないようになりました。だからどんなことにおいても、今回のようにダメ出しに聞こえてしまう言葉を他人から受けたのであれば、自分の内面的に100%納得しているのかしていないのかを、見直してみるべきなのです。無論、例外もありますが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。