レベルアップの原理

ひとつ自分のパターンに気付きました。ずばり、ある程度のところまで行くと成長がストップする、です。何でも一気に上達する反面、一気に上達しすぎるんです。自分でも自分の上達に驚くことがあります。経験ゼロから、まぁまぁ出来るくらいまで、の進化を数値として分析してみると(100をプロレベルとします)、0から50までの成長が、かなりの短期間で行われます。例えば、毎日1ずつ成長するとしたら、毎日1の成長を実感できることになります。それが50日続き、レベルが50に到達、そしてまぁまぁ出来るんじゃねぇかってレベルに到達します(ピアノでもWeb技術でもなんでもいいですが)。50日でレベル50です。おお、自分って出来るじゃん。さすがじゃん。この調子じゃん。こう思い始めます。しかし世の中そんな甘くはありません。プロレベル、さらにはマスターレベルになるには、1万時間の練習と努力が必要です。前述の50の成長が、1日1時間の取り組みで達成されたとしたら、プロレベルになれるまで、10,000マイナス50で、9,950時間残っています。一応レベル50に達していますから、残るはあと半分の50から先の100までの50です。しかし良く考えてみてください。レベル50割る50日で、毎日1の成長を感じることの出来た最初の50日ですが、残りの50のレベルアップをするには、9,950時間必要であるため、計算すると、50割る9,950で、以前は1の成長を感じることの出来たものが、0.005の成長を感じることしか出来なくなってしまうのです。極端な話ね。つまり、ある程度までのレベルに達してからの成長のカーブが、レベルアップするごとに緩やかになる。結果、自分の成長があまり実感できなくなるため、取り組みに意味を感じなくなるようになり、気付いた時には止めてしまっているか、同じレベルのことを永遠と繰り返し、成長を避けるようになるのです。わかりますかね?!You guys with me!? わかりますよね。さらなる極端な話、レベル99からたった1つ上のレベル100にレベルアップするためには、もしかすると9,950時間の半分の約5,000時間が必要かもしれないってことです。ポケモンとかFFなどのRPGをやったことのある人であればわかりやすいと思いますが、キャラクターのレベルアップも、この原理が適用されています。レベルが低い時は経験値が溜まりやすく、レベルが上がりやすい。レベルが上がれば上がるほど、経験値が溜まりにくく、どんなに闘っても経験値がマジでホンの1ピクセルしか動かないため、レベルが上がりにくい。あー。早く気付けよこれ。人間もRPGも同じだよこれw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。